WiMAXからWiMAX2+へ乗換えにNAD11を選んだ

もともとWiMAXを利用していたのですが、WiMAX2+がリリースされてかなり速度がでるようになっているというということで、非常に気になっていたのものの、WiMAXからWiMAX2+に乗換えプランみたいなものが無いために、WiMAXの更新月を待っていたところ、WiMAX2+対応端末が2機種(NAD11とHWD15)がほぼ同じようなタイミングでリリースされたのでどっちにしようか迷ったものの、最終的にはNAD11に決定した理由をまとめました。

NAD11とHWD15を比較してNAD11を選んだ3つの理由

そもそもHWD14はすでに過去の機種となりました。新機種がリリースされたからにはあたりまえのように、新機種を選ぶわけです。

といってもWiMAXのキャンペーンを探したときにHWD14がキャンペーンでかなり有利になるプランでもあれば選択肢として残す価値もあったのですが、HWD14だからといってとくに差別化されたキャンペーンも無かったのでHWD14は機種変更の候補から外しました。

ということで選ぶべきモデルはHWD15とNAD11の2つに絞られたわけです。ここからはNAD11を選んだ理由を説明します。

理由1 もともとWiMAXユーザーだったから

これからWiMAXを利用するユーザーではなく、いままでもWiMAXを利用していました。

WiMAXを利用していて、不満だったのは速度。平均するとたぶん5Mbps〜7Mbps程度しかでていませんでした。下り最大40Mbpsとななんだったのか。というレベルです。

ですが利用環境はそれ以外にたいして不満もありませんでした。というのも基本的には自宅で利用。パソコンを外で利用するときのみ、WiMAXの端末も持ち出していました。

ということで現在利用している場所で電波の不満はありません。しっかり電波は受信できている環境にもかかわらず、速度が遅いということが不満なわけです。

HWD15はAU 4G LTEを利用できるという点が売りなわけですが、僕はその必要はありません。ちょっと消去法のようですがWiMAXの電波の信用度でいうとNEC製の実績のほうが上ですから、NEC製のNAD11を選ぶことにしました。

理由2 国産だから

NECがリリースしているという点も考慮しています。iPhoneユーザーのくせになんですけど、WiMAXモバイルルーターもできれば国産がいいから。

ファーウェイ社製がダメってこともないのですが、できれば国産の方がいいという個人的な考えです。ここは人それぞれでしょうけど、僕の場合はNEC社製ということで信用しています。2年間利用しないといけないので、端末の信頼性も重要かなと思います。

理由3 どうやら速度がかなり違うらしいから

参考にさせてもらったのがこの記事。WiMAX2+とWiMAXハイパワーで計測した数値がでています。そこだけ抜粋します。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15 通信チェック:HWD15 対 NAD11はエリアのHWD15、速度のNAD11 - Engadget Japanese Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15 通信チェック:HWD15 対 NAD11はエリアのHWD15、速度のNAD11 - Engadget Japanese

下り速度は、HWD15の最速38.73Mbps・平均30.30Mbpsに対し、NAD11の最速58.58Mbps・平均40.69Mbps、ping応答速度は、HWD15の最速59ms・平均69.40ms対し、NAD11の最速46ms・平均55.30msとなりました。 11ac非対応に関係ない2.4GHz帯のWi-Fi接続ですが、HWD15のパフォーマンスがNAD11よりも20~30%ほど低い意外な結果となりました。

中略

WiMAXハイパワー 下り速度はHWD15の最速14.55Mbps・平均10.22Mbpsに対し、NAD11の最速26.36Mbps・平均18.80Mbps、ping応答速度はHWD15の最速74ms・平均123.40ms対し、NAD11の最速98ms・平均137.80msです。

随分と違うものです。僕の場合はいままでの不満が速度なので、ここに関してはかなり重要です。もちろん利用場所によって違うだろうし、このテストがすべてではないですが、これだけの差があると、あえてHWD15を契約する理由がなくなります。

ということでNAD11を契約

なんとなく、こうして理由を考えてみると「消去法」のようになっているのでが、NAD11じゃなければどうしてもダメというようりも、あえてHWD15を選ぶ理由がなかったということかもしれません。

auの電波を利用したい人はHWD15の契約をしないといけませんが、僕は追加料金を支払ってauの電波を利用しようとは思わないですし、それで使いすぎて月7GB制限で低速にされてしまってはWiMAXを契約している意味がなくなってしまいます。

自宅での利用の割合のほうが多いひとはどうしたって通信量が多くなるでしょうし、たぶんauの回線とか使う必要ないのかなと。

ということでNAD11を契約しました。プロバイダはNAD11キャンペーン | wimax比較を参考にしてkindle Fire HDがもらえるビッグローブWiMAXにしました。各プロバイダでさまざまなキャンペーンを展開しているのでできるだけ自分に都合のいいものを選ばないと損しちゃいますね。

このページの先頭へ